ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
ユパうごかない












うごかない............









 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
桜2015

3月9日
川津桜










3月31日
ソメイヨシノ








4月1日
ソメイヨシノ









あしあと








桜は散ったあとも美しいですね















 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
ふんわりパンチ

今朝、ユパ兄の尻尾で遊んでたらちょっと強く噛みすぎちゃって…








パンチくらった…








あぅぅ…













でも、ふんわりしてたよ.....

















 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
つるんでる

のんねーちゃん、なに見てるの?









なんだかどっちも猫なのかと思う時があります











 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
のんユパみかん




















ギャラリーエフさんの募金グッズで楽しむ飼い主(笑)
こちらは原発事故の被災動物たちのための募金グッズです。詳しくは仁義箱





ユパさんお似合い〜





あたしもやるーっ!!と横で騒ぐのでやってあげたら一番固まっちゃったひと。











 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
らん。



らんが、726日に155ヶ月で永眠しました。

獣医さんからも、普通こんな事はあまりないよ、と言われるような奇跡を何度も起こし、数時間まるで全力疾走をしているような痙攣発作を乗り越え、そこからちょうど一週間後、最期は自宅で、私の腕の中で、ゆっくり静かに息を引き取りました。何度も揺り動かしては息を吹き返してくれた、らん。

たくさん揺すってしまってごめんね。

最後の最後まで全力で生き抜いた。全く諦めなかった。本当に、よく頑張った。

生前、仲良くしていただいた方達にご報告が遅くなりごめんなさい。

そして可愛がってもらった事、心より感謝いたします。

ありがとうございましたm(__)m

夕べ、らんの夢を見ました。亡くなった子の夢をこんなに早く見たのは初めてです。

夢の中でらんは、クッションの上をピョンピョンと飛び移って、とっても楽しそうにボールを追いかけていました。

亡くなった人や動物の夢は、会いたいからって見れるものではないそうです。

夢を見た人が、何か大切な事を忘れていたり、本来の仕事を怠っている事などを警告している場合が多いそうです

まさに。。。その通りでした。

最後まで私の心配をさせてごめんね。

そしてホントにありがとね。

らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
らん近況
らんを心配してくれて、カフェのお客様からも何通かメール頂いていて本当に嬉しいです。ありがとうございます。お返事遅くてスミマセン。



『お洗濯でも何でもします!』とか言って下さる方もいて、失礼だけどメール見てなんだか温かい気持ちになって声出して笑ってしまった。本当に嬉しかったです。でも洗濯は大丈夫です!(笑)



.....................................................................................................................



らん 最近の様子。



先週は毎日のように友人たちも来てくれて、昼も夜も起きていないといけない私を助けてくれた。本当に感謝。



ずっとお腹の調子が悪かったので金曜日に病院へ行き、注射とお薬でお腹は復活。良かった。。。



そしてとにかく脱水には気をつけないといけないので、水分補給はしっかりとしている。



いろいろ頑張っていてもウッカリ脱水であっという間に、、、って事がよくあるらしい。



らん、頻発していた大きめの痙攣発作はほぼなくなり、ずっと緊張して見ていたからガチガチに凝っていた肩もだんだんほぐれてきた。

(現在は夜だけ、抗てんかん薬を1錠。台風も来ているのでこれ以上は減らせないなぁ。)



何かあった時に一人で抱えて病院へ行かないとならないので、一階にベッドを作って寝かせていたんだけど、一昨日から二階の部屋にいるようにしたのでずいぶん楽になった〜。



まだしばらくは誰かついてないとダメだけど、二階に居れば家事もできるし、仕事道具をまた二階に持ってくれば仕事も始められそうな感じになってきた。



先の事はもう本当にわからないけど、その時その時の対応で行くしかない。何度も覚悟を決めて来たけど、、、、ね。



らんが今ここに居てくれる。それでいい。



だけど、頑張らなくてもいいよ、とも言ってしまう。好きなようにしてね、と。





そうそう、痙攣の発作って度合いにもよるけどなった時の見た感じが結構すごいので、しばらくは人を呼ぶの躊躇していて、介護に慣れている友達だけに連絡したら有り難い事に皆が来てくれたんだけど、らん、皆がいる間は本当に大人しく寝ているのだよねえぇぇ。



ちょっとドキドキしていたけど、良かった。



そして、昏睡状態になった時はさすがに食べなかったけど、今はまた食欲もすごい。。。



その食べっぷりを見て友人は『さすがラブラドールだね〜安心したー』と言って帰って行く。



力が全く無くなって全身くにゃくにゃだったのに、今は前足がけっこうしっかりしてきたおかげで、前よりもかなり動くように。



気がつくと一人で体をズリズリと引きずって水を飲みにいったりもするようになって、すげーな〜と見ております。



しかし、後ろ足はとうとうダメかもな〜どうかな〜。たぶん、薬をやめない限りは立てない気がする。



でも、たぶんしばらく薬もやめられないだろう。。。。。

これから台風の季節だもんね〜。



ここ数週間は小刻みにしか寝ていなかった私も、低気圧のせいか(おかげか?)夕べはバタンと爆睡。



らんが少し暴れているの分かってヨシヨシ〜となだめた記憶が微かにあるけどあんまり覚えてない。らんが無事で良かったわ〜。





でも台風さん、穏やかにお願いしますね〜。

これ以上被害が出ませんように。











 
らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
らしく、生きる。

私の親友は6年前の5月1日にこの世を去った。

カフェを始めるキッカケを書きかけのままアップできずにいるんだけど、実は彼女の事をどうしても無視できない内容なのでなかなか進まない。

まあ今回それは置いておいて。。。

彼女は亡くなる前、痛みを止めるために薬を使っていたので、私が会いに行った時にはもう意識がなかった。

25年来の友達で、就職してからもよくご飯を食べに行ったりしていたもう1人の友人と、面会謝絶の部屋に親戚のふりをして何度か見舞いに行った。(ご家族の許可を得て)

意識がないのは分かっていても、彼女が大好きな音楽を部屋で鳴らし、2人で大笑いしながらおしゃべりしたりしていた。(彼女はハモンドオルガンの奏者でエレクトーンの先生でもあり、私の結婚式でも式の間ずっと弾いてくれた)

もちろん、大笑いできるまでに2人でどんだけ泣いて喧嘩してこの部屋に来たか。2人いて、本当に良かった。私だけだったらきっと、本人の意思を尊重して会いに来なかっただろう。

全く意識がないと説明されていたし、もう見るからにそうだったんだけど、私たちにハッキリと『ありがとう』と言った時があった。最初はあまりにハッキリした口調なので、一緒にいた友人に『言った?』と訊いたくらいだ。

その2日後には、私たちの名前をつぶやくように呼んでくれた。彼女の母親に話したら本当にびっくりしていた。病院の先生もびっくりしていたようだ。そして、そのまた2日後に彼女は逝ってしまった。

....................................................話は我が家の長女らんさんの事に。
先日、昏睡状態になった。

ここで大きい発作がドカンと来たらもう、、、っていう感じだったので私も病院で付きっきりで看ていた。新月の前の日だったので、何となく明日の夕方が山かなという話にもなり、こうなった場合はどうする、こういう時はこうする、などと獣医さんや院長先生と話をしながら私も覚悟を決めていた。

今まで何度か立てなくなったりしてなんとなく周りの雰囲気も、らんちゃんそろそろ。。。。って感じがあった時でさえ、私はまだ行けるでしょって思っていたのに、目の覚めないらんを見てこれはもしかすると。。。って思った。

目が覚めなくなったのは、抗てんかん薬を飲んだからというか量を増やしたから。本当にきわどいところで、発作を止めなければ死ぬ、薬を飲めば昏睡になる。

なので薬の量をまた減らし、とにかく目を離さずに見ていて、頭が揺れたらそっと頭をそれ以上揺れないよう押さえたりしながら病院で丸2日付いていた。(頭を打ったりするとその刺激で大きな発作になる場合がある)

なんとか大きな山は越えた。痙攣あるものの、少し状態が落ち着いてきたので翌日からは家で看る事にした。でも、もしかするとあと数日かも。と思い、らんが赤ちゃんの時から一緒に遊んでくれていた友達に連絡して会いにきてもらったりしている。。。。




院長先生が、『らんが、らんらしく生きて死んでいく事、だよね』と。
薬を飲めば発作は起きづらいけど、意識を失ったらんは、ある意味、らんではない。

私たちはもちろん、らんがらんのままでいて欲しいと思った。

なので薬は最低限にして、らんが大好きな自宅で看病している。


でもね、亡くなった友人はね。。。。。。
そう、意識なかったのに、ワカッタのだ。私たちが。

そんな事もある。

誰にもわからない事がある。

らんの場合は痛みがない。
てんかん発作は見てる方はつらいけどね。

本当にこれが救い。なのでこういう選択ができる。(痛みや苦しみがあれば、それを無くす事が一番と考えている)

私は院長先生とお仕事させてもらっているので、動物病院の本当の顔を垣間みることも多い。そして今回また、医局でじっと周りの様子を見て楽しんだりもしていた(笑)。こういう現場が大好きだなーといつも思うし、みんな本当に尊敬するし、かっこいい。そして勉強にもなる。

もう危ないという子が助かったり、まさか、と思う子が逝ってしまったり。
何百、何千、何万通りとみていても、同じ事などない、と。
そして、飼い主さんなりに、動物は死んでいく。。。。。と。

ついつい、らんはこの後どうなっちゃいますかねえ。。。と訊いてしまう私。
そしてすぐに、そうですね、それはらんに任せるしかないですね。精一杯お手伝いさせてもらいます。と笑って話は終わるのでした。














 

らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
抱きしめられた

最近は介護の話ばっかりですみませんね〜。自分の記録の為にもちょこちょこっと書いておきます〜。


我が家の老犬らんさん、昨日は明け方4時半に一度目の痙攣発作を起こし、その後頻発したので病院へ。
昨日は台風みたいな気圧だったらしく、やっぱり同じように発作を起こして病院に来ていた子もいた。

点滴やら注射やらしてもらい、夜の10時過ぎに迎えに行って一度家に帰る。

薬が効いていたので最初はボーッと寝ていたのだけど1時頃からまた落ち着きがなくなり、床の上でずっとハァハァしながら動き回るらんのオムツを何度も取り替え〜、動きたくて暴れるらんをなだめ〜、を繰り返し朝になる。。。。

最近はこんな感じの日が多くて、そのまま私はのんと朝散歩に行き、帰ってからグレーの世話をして、その間旦那さんに犬達のご飯をあげてもらうというパターン。あ、いちおう旦那さんの朝食もパパッと簡単にね。

んで、らんが汚してしまう大量の洗濯物をしたり家事をしていると、あっという間に10時だ。いろいろ工夫はしているのだけど、さすがに全部を使い捨てにするワケにもいかないので、やっぱり洗濯物が多いのだよね〜。




か・み・さ・ま・お・ね・が・い・お・お・が・た・せ・ん・た・く・き・が・ほ・し・い・の




今朝は旦那さんが現場に行く前にらんを病院に連れて行ってくれたので、(一日点滴)ラクチン&アンシンで私も絵のお仕事します。(ブログも書けちゃった)
今のお仕事は動物たちを描くのがメインなので、本当に楽しくてしかたない。ずっと絵を描いていたいけどそうもいかないのが辛い&眠さとの戦い。


さてさて今夜はみんなぐっすり眠れるといいな〜。

のんも本当にいい子〜。みんな大好き。






話は変わりますが、、、、、昨日らんを病院に預けた後にうたた寝してたら夢を見た。

らんが発作を起こしている時に体を支えながら、めいに(4年前に亡くなったチョコラブ)『めい〜、らんが苦しくないように見守ってね〜。そばにいて助けになってやってね〜』ってお願いしていたせいかもしれないんだけど、いつもは私が抱っこするだけなのに、なんていうか人間みたいに(見た目はらんそのまま)上手に抱きしめ返してきたの。

すんごく心地よくって、らん(めいかも?)も穏やかで、なんか周りがキラキラしていて、とっても幸せな気分だった。だけどホントに不思議な感覚だわよ。。。

目が覚めてから、めいの事も思い出したりして号泣しちゃったし(笑)

あの子はあっという間に逝ってしまったから、今らんの介護が出来ている事に私は感謝している。もちろんイライラしたりするし、泣きたい時もあるし、お金もかかる。

血液検査の結果を見るたびに、少しずつ少しずつ数値が悪くなってる所もあって、でも老犬としては想定の範囲内だね〜って先生に言われた。

こうやってゆっくりと歳を取っていくらんを見てると、たくさんの事を考えるし、知る事ができるし、私にはちょうどいいスピードに感じる。



らんは精一杯生きている。
本当にえらいな。

















 

らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
歳をとるということ


我が家の老犬らんさん。
先週あたりから徘徊と発作が酷かった。。。
なので今週は、体の循環を良くするセラソニックや腎臓のための点滴に頑張って(らんが)通った〜。

癲癇発作は本当に突然起こるからビックリするよね。
私は始まると毎回心臓がバクバクで、どうする事もできずにただただ体を一生懸命に支えているだけ。。。。。体が大きいからね〜。こっちが倒れないようにするのも必死なのです。介護は体力勝負。


徘徊する時はずーっと歩いてる。
家の中にらんのための直線道路を作っているんだけど、そこをひたすら行ったり来たり。いろいろ片付けてはいるけど、時々思わぬ所にハマってしまったり倒れたりするので、ずっと監視している状態です。

なので仕事が手につかなくてかなり焦っていたんだけど、今週は点滴のために日帰り入院していたから、安心だったー。いろいろ進んだ。

歳をとるという事と、上手につき合っていかないとね。って院長先生とお話しをしたけど、本当にそうだな〜。人間の親もどんどん歳をとっていくし、自分も歳をとっていくけど、やっぱ暗〜い顔してるのは絶対に嫌だな〜。
幸せになるのも不幸になるのも自分次第って事だよね。

人間って、決めた通りになってるから。そして明るい周波数の所に明るい物は集まってくるのだ。

さて。。。。そろそろ夜中のオムツ交換(老犬のね)の時間なのでそれ終わったら寝ます。


動物病院の患者さんの絵の話とか書きたい事たくさんあるけどまた今度。。。
すみません。
おやすみなさい。








 

らん&めい + のん + ユパ + みかん comments(0) -
| 1/5 | >>