ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
きらっきら
表参道はきらっきら









表参道ヒルズの中もきらっきら














夕べは出かける予定はなかったんだけど ホッと一息ついたらちょうど良い時間.....
急いで支度して表参道ヒルズへ



とっても素敵な歌声を聴いてきました





地元に戻ると空には月と星がきらきら〜







どっちもキレイだな〜





急いで家に帰って夕飯を作って食べた






いろいろちょうど良かったな









ア ー ト comments(0) -
『コーヒーを楽しむ。』

 

カフェ ヴィヴモン ディモンシュ堀内マスターの
久しぶりの鎌倉〜しかし真っ暗(笑)
中途半端な時間に着いてしまったので、ひとり近所をプラプラしながらあまりの寒さに手袋を購入してしまった。
18時からだったのですが少し早めにお店の前に行くと、程なくして店内に案内して頂きました。チカさんとお久しぶりです〜のご挨拶をかわして一番前の席でかぶりつきで見させてもらい(笑)写真も動画もオッケーだったので何枚か撮らせていただきました。
本当に大笑いしながらのとっても楽しい時間〜。そして何より大好きなコーヒーの香りに包まれて、大好きなコーヒーのお話を聞けて幸せでしたー。
 
まず最初にペーパーを
メリタでの抽出
コーノでの抽出
私は10年くらい前からコーノオンリーなのですが、この日のお話を聞いて豆によってメリタと使い分けてみるのもいいかもな、と思ったので今度やってみます。
淹れ方のコツなども忘れないうちに復習しないと!
コーノで2杯分の抽出
マスターのミルコレクターぶりはものすごいです。気になる方はこちらでぜひ!
高校生くらいからコーヒー豆を買って飲んでいた私ですが、ぶっちゃけカフェやってるくせにあんまり深くは考えていなくて、ただ美味しいと思うコーヒー豆を常に探し歩いていました。前にも書いたかもしれませんが、ディモンシュに出会ってからたぶん9年くらいだけど、2年おきに豆を変えていた私がずっと飽きずに飲めた初めてのコーヒーが、いつもお店でお出ししているフレンチローストとヴェラ・クルーズです。(by ディモンシュ)
やっぱりコーヒーのフルーティさっていうのもちゃんと分かりたいなーと思いつつ、酸味がどうしても苦手で。。。。ダメですねぇ。
でも今回、前よりも俄然他の豆にも興味が出てきたので、いろいろ試してみたいと思っています。
そうそうマスターのお話だと、今はコーヒーの美味しさの7割は(間違ってたらすみません)元の豆によるもので、2割が焙煎、残り1割が淹れ方って言ってました。
来年で20周年のディモンシュさん。ブラジルに行って記念になる豆を見つけてこられたそうなので、来年ゴールデンウィークあたりに日本にやってくるのを楽しみに待っています。
そして後半のハワイに120回は行ったという赤澤かおりさんとのトーク。こちらも面白かったです〜。マスターなぜかコーヒー淹れてる時よりリラックスするって(笑)
先日の美雨さんの朗読会の時に書いたハワイの話。こうやって続くとなんかやっぱりまた熱が上がりそう〜。ま、でもやっぱりこれもタイミングですからね〜。
素敵なタイミングを待って、日々精進したいと思います!
ア ー ト comments(0) -
『夜の朗読会』〜坂本美雨さん〜

11月26日にすみだ水族館で開催された坂本美雨さんの朗読会に行ってきました。

(抽選で当たったのです✨)
※写真の大きさがバラバラなこと、そして記事によって文字の大きさがバラバラな事をお許し下さい。もうなんだかわからんけど解決方法を今見つける気力がないのでこのまましばらくいきます。
お決まりな感じで、デーン!
近い距離なのになかなか行く機会もなく、今回が初めてソラマチ。
と言っても、着いた時間がけっこうギリギリだったので何も見れないまま、友人と待ち合わせしていた水族館前へ急いだ。(実は友人より早く着いていたのに迷ってた)
ここは本当に水がキレイで臭いもなく、とっても気持ちよく鑑賞できました。魚たちと一緒に泳ぎたくなりましたー。(魚座なんでね)
クラゲゆらゆら〜。
ウミガメの赤ちゃん。可愛かったー。
この色、すごい〜。実物はもっともっときれいでしたよ〜
朗読会はペンギンプールの前で行われたんだけど、ペンギンってあんな声で鳴くっけー??っていうくらいの、美雨さんも言ってたけど「おっさん??」的な。笑。しかしながら、佇まいはさすがペンギンさん。むちゃくちゃ可愛かったです。
うちの甥っ子が、いじょーーーーーなペンギン好きだったんだけど、今はどうなんだろう。。。
一緒に来たいな〜なんて思いながら見てました。
朗読はレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」
アン・モロウ・リンドバーグの「海からの贈物」
よしもとばなな「ゆめみるハワイ」
閉館後の水族館という非日常の世界、目の前にはこれまた非日常の坂本美雨、、、そりゃもうウットリと聴き入ってました。
どのお話もとても面白かったです。
リンドバーグの話は身につまされるというか、昔よりはだいぶよくなったけど(と思う)物を捨てられない病の私には大きく頷く事多しの内容。シンプルに生きたいんですがねー。
三番目のよしもとばななさんのお話は、私がここ数年一番行きたいなーと思っているハワイの話。一度も行った事はないのですが、ある時ハワイのスピリチュアルな画像にハマりにハマって、いつ行こうかと真剣に調べたりしていたのですが未だ叶わず。
友達に砂浜で太極拳をやってこい、という指令を受けているのでそれも実現してやるー。(ここしばらくサボってますが、陳式太極拳を9年前からやっているのです。年数だけはそれなりに長いですが、すみません内容は薄いです)
まあでも、本当に行くべき時には自分以外の力みたいなものが働いてくれると信じているので、ぜんぜん焦ってもいないんですけどねー(負け惜しみ)
(※しかしこの三日後にまたハワイに120回以上行っているという方のお話を聴く事に。。。やっぱ運命かな)
そして、放射能に人間が怯えて暮らすようになってしまったあの日の事も、、、。さっきのシンプルな話に戻りますが、私が一番シンプルに生きたいと思ったキッカケでもありますね〜。きっとそういう人は多いんじゃないかな。
知ってるカフェが何件も閉店してしまって、うちにも食材にたいする問い合わせなどが絶えなかった。すごーくすごーく悩んで、それでもなんとか続けていく事を考えて進んできた。こんな東京の片隅にある小さな店だって、そうだった。。。。
ねーーーーー!ペンギンさんっ!(意味不明)
朗読が終わってからも、しばらく貸し切りの館内を見せてもらう時間がありました。なんとゆー贅沢〜。いや〜とっても楽しかった!
そういえば美雨さん、最後にサバちゃんスライドの説明してる時はやっぱりネコ吸い妖怪の顔に戻ってた。。。うぷぷ。
最近はやはり、我が家の老犬らんさんの事もちょっと気がかりではあるのですが、旦那さんに「なるべく早く帰ってきてね!!!!」と言って、らんの安全確保して、今までと変わらずにまた出かけられるようになりました。足のヨタヨタは前からっていうのもあって、心配していたのが右側への傾きだったのですが(思わぬ場所に倒れたりするので)もう今はほとんど無くなってます。
らんちゃん、とりあえず、復活ですな。
ア ー ト comments(0) -
高崎音楽祭・おお雨ライブ
行きたいな〜と思いつつ、ちょっと我が家の老犬らんさんの具合との相談で前売りが買えずにいた高崎音楽祭のおお雨(坂本美雨+おおはた雄一)ライブ。


しかし当日になって事務局に問い合わせしたところ、当日券があるというではありませんか!!
お店終わっていろいろとスムーズに運べば間に合うな、、、。と思いつつ仕事をこなし、いろいろとスムーズにいってしまったので(笑)急いで新幹線に飛び乗り高崎へ向かいました。

なんだろう、前に渋谷で坂本美雨さんにお会いできた日もそうだったけど、こういう時ってもう絶対に行けっていう指令が出るんですよね。(誰からだw)なんつーか背中をグイグイ押されるの。不思議だー。
だから全てが流れるように進んだりする。私の願いが強いからっていうのもあるかもしれませんが、いやでも、願いが強いからって上手くいった事ばかりではないし、、、まあいいやw

とにかく間に合いました!

実はここ、私の従兄弟が何年か前に結婚式をやった場所で、(実際には新しくできた隣の建物でしたが雰囲気は同じ)あんなに素敵な場所で美雨さんの歌が聴けるなんてーーーーーっ!!!と思うと居ても経ってもいられなかったのです。


思った通りでした〜。
美雨さんも何割増しかで歌が上手く聴こえるとかおっしゃってましたが(笑)たぶん、音を合わせるのは難しかったでしょうね〜。
会場の雰囲気と、美雨さんの雰囲気とがバッチリと合ってて、もうほんっっっっっとに行って良かったライブです。いつまでも終わることなく聴いていたかったなぁ。

透き通る天使の歌声と、大地のように力強くて温かい歌声と、オーパス&メイヴァースの時は、なんというか鬼気迫るものがあってゾクゾクしましたよぉ。
オー・シャンゼリゼを皆で一緒に唄ったり、美雨さんの母国語らしいwwwフランス語で唄った時はとても可愛らしかったです💓

そして時々垣間見えるネコ吸い妖怪の顔と…..(笑)いろんな顔を持つ美雨さん。(今度はXの紅も聴いてみたいw)

私はラッキーな事にまたまた最前列で拝見させて頂いたので後ろの様子は見えなかったのですが、ものすごい一体感と安心感のあるライブでした…..。


あちらでお一人様女子たちとお友達になれたので、始まるまで一緒にお茶したり、ライブは一緒に楽しめたし、なんと帰りには高崎駅まで車で送ってもらったり、インスタグラムでフォローし合ったり、、、。どれもこれも完璧でした。



皆さん、本当にありがとうございましたーっ!
ここでのライブは是非またやってほしいな〜。





















ア ー ト comments(0) -
妹のコミックエッセイ発売

妹のコミックエッセイ、私も大好きな『ベランダ絵日記帖』が単行本に。ちゅん太(雀)の話は聴いた時も号泣(話す方も聴く方も)したけど又泣いたー(T ^ T) 園芸好きな方もそうでない方も機会があれば是非!

amazonで購入できます!

ア ー ト comments(0) -
坂本美雨x勝井祐二xU-zhaan 即興ライブ

19日に moshimossの新作「endless endings」の発売を記念したリリース・イベントでの坂本美雨x勝井祐二xU-zhaanの即興ライブ@青山cayへ行ってきた


予約しても席は先着順って言われてて でも結局大盛況でオールスタンディングになってた


会場前の割と早めの時間に着いたので前から二列目くらいで観れたぜぃ♪

美雨ちゃん近っっっ(笑)


『旅』っていうテーマで 場所を三カ所決めるのに最初は勝井さんの話をまとめてアフリカに その後は私の目の前に立っていた男の人と その隣の隣くらいの女の人に聞いたりしてた(前の方にいたから恥ずかしくて下を向いてしまった。。。ボキャブラリーないから絶対ヘンテコな事言っちゃうし!猫のTシャツとか着ていかなくて良かったかも 笑)


旅の演奏が始まって..........

勝井さんのヴァイオリン&美雨ちゃんの唄声の美しさにうっとり

美雨ちゃん 唄ってる時の表情が本当に可愛いんだよな〜

すんごく好きになったのは1年くらい前だけど その前たぶん2011年の日比谷野音かどこかでの唄ってる姿を観た時に この人はなんて楽しそうに唄うんだろーーーと思ったんだよね

そしてあの頃の顔が本当に可愛くて大好きだったなぁ(今はちょっと大人っぽくなった感じで美しいね)


そうそうそしてユザーンのタブラ これもとっても素晴らしかった

乾いていて軽やかで 低い音や高い音 小さい音や大きい音が本当にひとつの楽器??って思うくらいに幅広くて 聴いててウキウキするしホントに楽しかった


っていうかユザーン.....普通の人よりも普通に客席ウロウロしててあまりに普通で声もかけられない雰囲気っつーのが噂通りで笑ったよー

毎年インドにタブラを教えてもらいに行ってるけど きっとそれ以上にいろんな物を捨ててくるんだろうな すごいなユザーン


というワケで またまたリフレッシュしてきたのでございます

仕事で疲れてて寝不足でも いっぱい寝るより好きな事をしてる方が疲れがぶっ飛ぶよね!


ア ー ト comments(0) -
東京国立近代美術館工芸館


きのう 開館30周年記念展に 行ってきました

一個ずつくらいだけど 
ルーシー・リー
ユッタ・ジカ 
ルネ・ラリック
バーナード・リーチ
イサム・ノグチ
アルフォンス・ミュシャ
鈴木治
浜田庄司
松田権六
北大路魯山人
四谷シモン
芹沢けい介
・・・などなどが展示してあります


芹沢けい介の映像がとても面白かったです
今回は妹と一緒に行ったのですが 
「う う うまいなあ」と唸るふたり
とにかく筆が早い 早い 早いんだよー 








写真は工芸館の周りの紅葉 都心の紅葉もなかなか良いですよね








ア ー ト - -
春信・歌麿・北斎・広重

昨日 松濤美術館にミネアポリス美術館秘蔵コレクションを観に行ってきました
とにかくコンディションがとても良い作品たちなのですが その理由としては
摺りはもちろん 今まで一般に公開されてこなかったからなんですね

なるほどー
広重のこんな色は今まで見た事ありません ものすごい深い藍色と深い緑色
とくに緑がグッとくる感じでした ところどころに入る朱色も本当に綺麗です
ただ 個人的な意見としては 色が強すぎるかなー
少し色あせた淡い感じの方が好みだったりします

そして今回の売りでもある(?)春信の作品が本当にすばらしかったですねえ
繊細で色っぽく 着物の色使いがどれも本当に素敵〜
手や指や足の可愛らしさにドキドキしました

こんなにたくさんの春信を観られる機会は他にないでしょう
前期に行けなかった事が本当に悔やまれます。。。。。

これが300円で観られるってすごいぞ


そしてこの松濤美術館の設計は 飯倉の交差点にあるノアビルや
静岡の芹沢けい介美術館の建築をした 白井晟一さんなんですね
彼の建築を見ていると 自分を貫く強さを感じます
機能性ばっかり考えて気弱になってばかりじゃいかんな・・・と
改めて思ったりもします 
物創る時って ついつい機能性重視になっちゃったりしますもんね
うーむ


ア ー ト - -
益子と笠間

笠間の空



4日の日曜日に 毎春&毎秋恒例の益子陶器市へ行ってきました
今回はわりとのんびりと出発したんだけど(寝坊した)
道も空いてたし天気も良かったので 作っていったおにぎりと
おやつを食べながら快適ドライブ〜 

そしていつもの駐車場は満車だろうなーという事で
初めて100円パーキングに挑戦(?)しました
どれくらい歩くかな?と思ったら あら 意外と近い
500円と100円の境目あたりだったので なんだかお得な気分

そしてプラプラと見ながら もちろん吉村和美さんのテントへ


今回は 浅鉢をふたつと(色違いが家にあるんだけど とても
使いやすいのでお客さん用に購入)丸いコロンとした鉢を
ひとつお持ち帰りいたしました


奥の二枚は前に購入したもの
手前の茶色いのはうちの末っ子


丸コロン鉢は裏側にほんのり入った黄色がとても綺麗なのです が
写真だとよくわかんないですねぇ すみません



そうそう らんめいの事を吉村さんはよく見てるんだよね
白髪の増え方とか(笑
毎日見てる私たちよりも 年に数回会う方が分かるのかも!?

そんなこんなで楽しい時間に感謝しつつ 吉村さんのテントを後にし
益子の街をさらにプラプラと歩き 丘の上でひと休みして
次の目的地の笠間芸術の森公園へ

ここでも1時間くらい散歩して 真の助さんとらんめいには車でお昼寝を
しててもらい(1か月ぶりの休みだったのでちょいとお疲れぎみな
真の助さん)陶芸美術館でやっている 北大路魯山人と岡本太郎展を
ゆっくりと一人で鑑賞してきました

いやー ものすごく楽しかったです
行く前から胸のあたりがムズムズしてたんだけど 入ってみて
またまたムズムズしちゃいながら観てました

実はこの二人はとても縁が深く 魯山人は太郎の祖父で書家の岡本可亭に
弟子入りし 岡本家に住み込みで修行していたそうです
そして太郎の父で漫画家の岡本一平 太郎の母で歌人の岡本かの子とも
親しくしていたみたいです

へーーーー 知りませんでしたー

でもいろいろと調べていたら 私の大好きな川崎市岡本太郎美術館でも
北大路魯山人と岡本家の人びと展 というのを2005年10月〜2006年1月まで
やっていたんですね うかつでしたわ。。。。。

詳しい展示内容については こちら を参照して下さい

北大路魯山人の「いろは金屏風」「詩書陶器図屏風」その他いろいろと
生で初めて観ました やっぱり存在感がすごいなあ 
白菜画沙羅小向付は 白菜の絵が写真で見るよりもずっとずっと可愛い!
観たかった物がたくさんあって もう本当にヨダレ出そうでした
いや ちょっと出てました

太郎さんの作品は 何度観た事あってもやっぱりいいっ
大好きな犬の植木鉢もあり(これホントに欲しい)
明日の神話もゆっくりと観れて大満足

そして車に戻ると爆睡の真の助さん(笑
ゆっくりと眠れたみたいで良かったですわ〜 





最後に らんめい 金曜日の会話

シャンプーしてもらったー
「ねーさん きれーよ」
「あんたもね」



おしまい





ア ー ト - -
| 1/1 |