http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
今日のおさんぽ
 
ほんまにかわええのぉ

らんちゃん 足の手術から4ヶ月が経ち だいぶ普通に歩ける
ようになりました 後ろ姿もだいぶしっかりとしてきました

少し前に 後ろ両足を引きずるように歩いていたので院長先生に
相談したところ 「少し走った方がいいかもね 犬は歩くより
走る方が楽だから」とのアドバイスを頂き
なるほどーと思い次の日のおさんぽからちょっと早歩き(らんは
小走り)にしたらとっても楽そうになりました! 
さすがです

ちょっと気を使いすぎていたようです
ごめんねー

そうそう家では手作りリフトが大活躍しています
最初は怖がっていたので一緒に乗ってたのですが もう今は
さんぽから帰ってくると速攻リフトに乗り込んで待ってます
たとえリフトが2階に上がったままになっていて1階になくても
その場所で座って待ってます その姿が何ともおマヌケで可愛い...
そんな今日この頃








らん 股関節形成不全 - -
退院しました


11日の日曜日 区民まつりが終わり通行止めが解除されるのを待って
遊びに来ていた母を送りつつ らんを動物病院まで迎えに行ってきました

病院にいた方が絶対安静にしていられるけど やっぱり家の方が精神的に
回復するだろう・・・という事でちょっと早めの退院です

家ではほとんどハウスの中で寝ていて時々少しだけ離れた場所にある
マットの上に移動するくらい
らんはもともと家ではほとんど寝てる子なので(めいは私のストーカー
なので常にチョロチョロしてます)安静にしてもらうのはとても楽かな

朝と夕方 おトイレの為にリフトで下に降りて(まーさんか私が一緒に乗り)
裏庭か目の前の公園の緑地に行ってます
食欲もウン○もモリモリです(笑)

注文してるハーネスが届くまでは(在庫切れだったのです)バスタオルで
足を補助しながら歩いてるんだけど これが嫌みたいなんだよね〜
でもしかたないのよ〜 炎症とか起しちゃうと困るからね 
ほっておくと去年と同じく使える足だけでピョンピョンドンドン進んで
行ってしまうから そうさせないように必死です
犬って強いよなー 人間だったら手術の後にあんなに跳ねられないよなー 

リフトは本当に作って良かったと思います すんごい楽ちんです
難点は 上で(2階)しか操作ができない事(リフトの中でも操作ができる
ようにして〜とお願い中)
らんがもうちょっと慣れてくれて足もしっかりすれば1人でも大丈夫かも
しれないんだけど 今はらんと一緒に乗ってあげる為にはもう1人いないと
ダメなんだな〜
けど あるだけ有り難いですよね

ある程度普通に歩けるようになるまで2ヶ月から3ヶ月はかかるので
またまた前回同様 のんびりとリハビリをしていきたいと思いま〜す
今回はなるべくハイドロセラピー(水の持っている物理特性を利用した
治療法)に行きたいなあと思っております
らん 股関節形成不全 - -
術後

らんちゃん 6日に無事 左足の手術が終わりました
当日の夜に面会に行った時はやはり相当つらそうで 私の方をあまり
見ようとしないし ヒンヒンずっと泣いててこっちが泣けてきた。。。

目が覚めたら突然 体が自分の思う通りに動かなくなっちゃった事への
不安や恐怖でいっぱいなんだろうね。。。
体がずっと震えてた


翌日 7日の夜はちょっとイジケ気味。。。
物わかりが良すぎで 一切ワガママを言わない子なので その結果
イジケテしまう時があるんだよね もっとワガママ言っていいのに

しかし去年の右足の手術の時に書いていた10年日記(2冊目の2年目)を
読み返すと まったく同じ感じなので しょうがないかなぁと思いつつ
1時間くらいずっと らんの体をナデナデしていたら やーーーーっと
甘えてきた
かーちゃん嬉しい

そしてその日記によると 3回目の面会(要するに今日)に行った時は
かなり元気になってて シッポブンブン振って喜んでくれたと書いて
あったのでどうかな〜と思いながら会いに行ったら・・・・・・・・・
その通りだった!(笑)

やっぱり体も少し楽になって 精神的にも落ち着いてくるのかな
今日も1時間くらい 体をナデナデして ひさしぶりに「もっとやって」
攻撃を受け かーちゃん感涙
(しかし一生懸命に手を上げておねだりするんだけど 足の安定が悪くて
ふらついてたので 手を上げる前にやめさせてた)

今日も帰る気配を感じると ジッと上目使いで ちょーーーー悲しそうな
瞳になる。。。でもワガママは言わずにジッと見てるだけなんだよね
その瞳が本当にキラキラしていて 淋しいんだろうけど とてもとても
強い生命力を感じて なんだかこっちが勇気づけられる



そして めいちゃん
去年は らんの入院中に淋しさのあまり体調を崩してしまったのですが
(本当にねーちゃん子なの)今回はだいぶ大人になりました
散歩中にらんを探す事もなく いい子で1人でお留守番してくれてます
だけどやっぱりなんとなく元気ないんだよね 
めいも頑張ってるんだよね
もうしばらくの辛抱だぞ


頑張るワン

 

1日も早く家に帰ってこれますように
今回こそ 手作りリフトが活躍しそうです・・・!








らん 股関節形成不全 - -
らんちゃん 左足の手術


去年7月の終わりに右足の股関節の手術をしてから 1年ちょっとが
経ちました 
手術した方の足は本当に素晴らしく 骨もないのにきちんと筋肉のみで
支えている状態 しかし 左足の悪化もひどく ここの所ずっと
悩んでグチグチしていたのですが とうとう手術する事に決めました
(手術は10月6日)

前回手術後の日記 また毛が剃られちゃう〜

院長先生に「グジグジしてスミマセン。。。」と話たら
「それでいいのよ グジグジするだけして決める それが一番 」と
言って頂いて 本当にその通りだなーと思い気が楽になりました

10歳と7ヶ月
血液検査の結果 この歳にしてはとても良い状態だという事が決め手に
なりました 

あと何年一緒に居られるかはわからないけど このままのんびりと
だましだまし お散歩もあまりさせないで過ごすという方法もある
かもしれません
(股関節専門の先生的には 絶対に手術!らしく 右足の術後すぐに左足と
言われていたのに いろーんな想いから のばしのばしにしていました
院長先生はその いろーんな想いにアドバイスしてくれつつ 長い目で
つき合ってくれたのです 本当に感謝です)

腹を決めてしまえば女は強い!(?)
もう今は先生たちを信頼してお任せするだけです

足が良くなったら おんぼろぼるぼでいっぱい泳ぎに連れてってあげるさ!



*写真は岩手の錦秋湖です
らん 股関節形成不全 - -
しっぽ ながっ!




らんが退院して3日後のこと 
トイレ散歩中の私たちの横を 数人の小学生が自転車で通り過ぎたのですが
最後を走っている子が じーーーーっとこっちを見て 
「しっぽ ながっ!」と一言
最初は何の事だかわからなかったのですが 
なるほど 手術の為に毛を刈ったので まるでウエスト当たりから尻尾が
あるように見えたのか・・・!?
・・・それとも分かってて言ったのか!?

どっちにしても可笑しい!
家に帰ってひとりで大爆笑してしまった
らん 股関節形成不全 - -
らん 足の手術

右側のめいちゃん なんか前歯がでかい犬みたいだけど 舌をチョロンと出してるのです



らんちゃん 9歳と5ヶ月になって とうとう右足の大腿骨頭切除の手術をしました
(らんは股関節形成不全という遺伝性疾患を持っています)
この手術をする事によって 痛かった部分が無くなるので 3〜4ヶ月もすれば
切った方の足に筋肉がついて 前よりは楽になるはずです

しかし らんの場合は反対側の足も悪いので 激しい運動などは今後もできません
でも手術する前よりは ずっと楽なはずです
いろいろ考えて いろいろ試しながらでここまで来たけど(生後4ヶ月で病気が
わかってから約9年間)今のタイミングでこの手術をして良かったと思う
 
7月29日に手術をして 6日間入院 退院後1週間くらいは絶対安静で トイレの
時のみ 目の前の公園に抱っこして行くか裏庭へ行くだけで めいとも別の
部屋でした(お互いは見える場所だけど)

手術の後しばらくは 足がブランブランぶら下がっている状態なので見てる方が
恐かったけど 今はだいぶ足もしっかりしてきたかな
(まだ階段を上がったりはできないけどね)

お散歩も少しずつ増やしてます でも上手く右足が使えないので後ろ足両方で
ピョンピョンと跳ねちゃう・・・だからこっちでコントロールしてゆっくりと
歩かせるようにしています
ながーい目でゆーっくりとリハビリの日々なのです

また報告しまーす(こちらも ながーい目で・・・笑)




らん 股関節形成不全 - -
| 1/1 |