http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
地域猫


台風きてて蒸し暑いね〜


今日の午前中は地域猫会で保健所の方と自治会長さんと打ち合わせ
我が区は他の22区とやり方が違う為に今まで折り合いがつかずにいたけど、
話し合いを重ね、先日やっと私同様に個人でやっていた人達が集まり
小さな会を発足した。
(現在278町会中 30町会15団体が登録)

いろんな考えの方達がいて、ボランティア同士でも全く同じ考えの人は
いないけど、みんな最終目的は猫の幸せ。でも私達は『人と動物の共生』
大事だと思っているので、今日の話し合いで保健所の方にぶっちゃけ質問
たくさんして、いろいろスッキリする事もあった。

まだまだ餌だけあげてる人がいるけど、最近はハクビシンが猫の餌の味を
覚えてしまいケンカになり猫が怪我をしてしまうという事が起きていて、
本当に猫の為を思うなら置き餌はやめてほしいな〜と切実に願います。
私も見かければ声をかけていますが、ハイハイ言いながらやめない人が
多く悩ましい。

そしてもし近所に猫嫌いの人がいたら対処方法もあるので、喧嘩する前に
保健所に相談してみて下さい。

余談ですが、ネズミが出るお宅には猫のオシッコ後の砂を知り合いから
もらって置いてみて下さい。
見事に出なくなるらしいですよ。










 

犬や猫の話 comments(0) -
銀次親分物語


一番初めにふらっとエフを訪れた時は、銀次親分の存在を知らなかった。
あ、窓辺に猫が寝てる.....。

何も知らない私はお店の方に外に出ちゃったりしないんですか?って
心配で訊いた覚えがある。

初めて大人猫のグレーを保護するまで拾ってくるのは子猫ばかり。
ほとんどの猫は好奇心で外に出たがったから、そんな心配をしてしまったのだ。

もしかすると外で大変な思いをしていた猫は、家の中の温泉のような心地良さを
絶対に手放すものか、と思ったりしてるのかな?

グレーなんて、外へのドアを開けると急いで部屋の隅に隠れていたよ…。
いつものように猫が外に出ない対策を必死に考えていた私は拍子抜けしたもんだ。


エフでの、ある日。
隣の席で銀次親分に会いに来たの〜と友達同士で話しながら写真を撮っている
人がいて、写真撮ってもいいのか〜と、私もお店の方にお断りして撮らせて
もらったのがこの一枚。2013年5月のこと。


そこに居るだけで、遠赤外線のようにジワジワとヒトを温めてくれるような存在。
そしてまるで何十年もここに居るんだよってな風貌に、一人でぼーっとしに来た私を
本当に癒してくれたな〜。


だから銀次親分の訃報を見た時は、本当にショックだった…。
エフに行けなかった私はその日に絵を描きました。




著者のIzumiさんは、銀次親分が亡くなる前から原発被災地の動物たちの為に
行動している。

(詳しくはこちら→ http://ginji1124.exblog.jp/tags/福島/


きっと動物が好きな人はみんな、福島の子たちの事やペット業界の現状を知れば
涙するだろう。
私も何百回も泣いた。
そして何もできない自分に腹を立て、人間の愚かさを呪ったりもした。

やりたい事は山程あるけど、まずは自分の家族が一番大事だし親の介護もある。
協力者がいなければ出来ない事もある。
そんな中で私なりの答えは、やはり啓蒙していくこと。

可愛いだけで動物を簡単に買ったり(売ったり)捨てたりする人をなくしたい。
猫拾って、何の悪気もなく保健所(愛護センター)に連れて行く人をなくしたい。

犬や猫を保護してるくせに、何日までに○○しないと殺処分ですとか命の期限を
決めちゃうワケワカラン人をなくしたい。
(だったら拾わない方がいい。ミグノンさんのブログ参照して下さい。
子猫をみつけたら→http://blog.livedoor.jp/petsalonmignon/archives/51988235.html 


簡単なようでいてなかなか難しいんだけど…。
本当に知ってほしい人にはなかなか届かないから.....。





「銀次親分物語」は写真もたくさんあるし、Izumiさんの文章はとても
引き込まれるので、どんどんと読めてしまいます。
一人でも多くの人が、知ってくれるといいなと思います。


本の中に出てくる言葉。
「後悔は次の猫にまわせ」

私も大事な存在を失くすたびに「後悔は次に繋げる」って思ってやってきた。
だからこれからも繋げていきたい。









 
犬や猫の話 comments(0) -
ネコの吸い方


坂本美雨さん著書の「ネコの吸い方」を読ませていただきました。
amazonでも販売中。


とっても素直で純粋な言霊。
だから真っ直ぐに皆に届くんだな〜と思いました。

ずいぶん前だけど、犬のお散歩ボラをやってる美雨ちゃんの(犬しか映ってない)
動画をひたすらボォ〜っと見ていた頃を思い出しました。。。。

極端な考え方のボランティアが苦手だった私は、等身大の彼女を見てホッとした覚えがあります。
ミグノン友森さんの屈託のない感じも素晴らしいと思ったな〜。

そして、一枚だけ入ってる(たぶん)美雨ちゃんの絵がとてもいいよぉ。
大切な本になりました。









 
犬や猫の話 comments(0) -
動物の介護
矢野顕子さんのTwitterより。

今回、日本に来る前、約30年間続いた猫との共生生活を終えて来ました。
最多で4匹居た最後の猫のちいちゃんが旅立っていったのです。

持病の腎臓病の悪化に加え、急速に進んだ認知症。相手が猫とはいえ、
2ヶ月間の介護は、私にとっては試練でした。

今回の飛ばしていくよツアー、及び、東急の仕事についても、
事前に私がやるべきことが山のようにあったにもかかわらず、
実際ほとんど出来ませんでした。

たかが猫の介護ではありますが、家中を徘徊する隙間を狙い、
ごはんを食べさせ、おしめを7回ほど替え、夜中に叫ぶのをなだめ。。
外出は友達が見てくれている間にささっとすませたかが猫と言われても、
要介護の家族を持つ気持ちは同じでした。

悲しかったのは、うちの猫が認知症で、と言うと、ほとんどの人が
笑うことでした。
えー猫もなるのお?マジぃ?という反応が、猫を飼っている人たち
からも聞かれるのに、とても気落ちしました。

動物たちだって認知症になるのです。

********************************************************************************

らんの介護をしていてまさに、周りに同じような反応をされている。

約束が出来ないでいると相手を怒らせてしまう事も。
(会いたくないって誤解される)

そこが辛いし、介護が全く分からない人を相手に説明するのが…で、
黙ってしまう自分もいる。

これじゃいかんなーと思いつつ日々過ぎて行く。。。。。。











 
犬や猫の話 comments(0) -
子猫を見つけたら
子猫拾って個人の猫ボラさんとこ連れてきて、引き取ってくれないと保健所行く、あなたは残酷だ!と言う人の多いこと。これ読んで参考にして下さい。

pet salon Mignon DIARY : 子猫をみつけたら
http://blog.livedoor.jp/petsalonmignon/archives/51988235.html









 
犬や猫の話 comments(0) -
上村雄高 写真展 『Call My Name 〜原発被災地を生きる犬猫たち』
25日(金曜日)に浅草ギャラリーエフさんで開催されている、上村雄高 写真展 『Call My Name 〜原発被災地を生きる犬猫たち』へ行ってきた。
詳しい内容はこちらから↓
http://www.gallery-ef.com/1402115callmyname.html

グレーにあげている小さなフードをひとつだけ持って行った。





動物のイベントに行く時は、ちょっとだけ考えてしまう自分がまだいる。

実家には犬も猫もインコも魚もいた。(時期はバラバラ)犬は近所の家から。猫はノラネコ拾って。インコも知人宅からやってきて、一羽の子なんていじめられっ子だったから、うちに来たとき毛はボサボサで目つきも悪く手を出せば思いっきり噛み付く子だったけど、根気よく可愛がってたら最後はとっても可愛い子になった。

大好き故に、子供の頃は動物の物語などが苦手で、特に可哀想系の映画はほとんど観てない私だけど(大昔に映画館で号泣しすぎて友達にドン引きされた以来行ってない)やっぱり大人になって、動物たちの事を知れば知る程に目を逸らせなくなってきた。
私みたいな人がけっこう多いって事は大人になってから知った。ホントね、大人になるといろいろ楽になる。

カフェに来てくれていたボランティアの人達ともよく話したけど、みんな一度は人間嫌いになって、肉が食べられなくなったりして、毛皮反対デモに参加したりして、残酷な映像を人に見せたりして、こんなに不幸な動物達が〜!と、泣いて怒って、、、、、。

そして、消化して自分の身になって、今があるんだよねーって。

だから、みんな今のそのままで大丈夫なんだよね。






で、やっぱり観たいから号泣覚悟でギャラリーエフさんに行った。
靴を脱いで蔵に入る。その日はもうギャラリー終わりの時間が近かったので私一人だった。

静かに深呼吸をして、写真を観はじめた。

もちろん悲しみがこみ上げるし涙は出る。
でもそれ以上に、写真の中にいる子たちの生きる力、ただ、生きるために生まれてきたという、シンプルな力強さをグワー〜〜っと感じたのだ。

我が家の老犬らんを見てても思うけど、動物は本当にシンプル。

昨日こんな事があったとか、明日こんな嫌な事が待ってるとか、何も関係なく今だけを生きているから強いんだな〜と思う。人間は考えないでは生きていけないから、しかたないけどね。

大好きなブルース・リーだって、『考えるな、感じろ』って言うまでにどんだけ考えてきたか(笑)とことん考えないとそこまで行けないと思う。
最初っからあまり深く考えてなくてそのままでいい人もいるけどね。そういう人が大好きだけどね。

私なりに考えたり悩んだりして辿りついたのは、やっぱり知る事は大事だという事。知って、感じること。
自分が知って感じて、周りに広がればいいなと思う。(これもなかなか簡単ではないが.....)
無理せずに、家族を犠牲にせずに、今できる事をやっていこうと改めて思った写真展でした。

いろいろごちゃごちゃ書いたけど(笑)、とにかく写真がいいっ。みんなホントに可愛い。そして、蔵で観るのホントにいいよ〜。



5月26日までやっています。









 
犬や猫の話 comments(0) -
FreePets主催 おとなの『命の教室』




夕べのFreePets(http://freepets.jp/)のトークイベントの内容が思ってたよりもずっと濃くて、参加している方の意見なども面白く、実現するには大変だろうけど今までと違う切り口だな〜と思う話もあった。



そして最近いろんなボランティアの人と話しをしてきたけど重なる部分がとても多く、皆やはり同じ気持ちなんだと再認識。違うボランティア団体を悪く言う人達も実際にいるし、考え方が違うのはしかたないけど、動物を救いたいっていう気持ち(行き着く所)は一緒なのにねって。



100じゃなきゃ0、みたいな極端な考えの人が多い日本人の話にもなったけど、20でも50でもいいんだよね。現場の人は本当に大変で、尊敬する。でも、皆が皆できる事ではない。現場に行ってやっぱり自分無理です〜〜〜!って、動物が見えない所で自分が出来る事をやってる人達もたくさんいるって事。




あと、小学校での動物に対する教育の問題は、やっぱり場所によって全然違うだろうなとも。ご近所ママさんに聞いた話が酷すぎてどうにかならないかなーと思っているのだけど。。。





今回のトークイベントは、もちろん真面目な内容なんだけど、とても砕けていたのでぶっちゃけ話なんかもあってとても面白かった。かっこつけてたって話は進まないもんね〜。
こういう話の場をぜひまた開催してほしいな。










犬や猫の話 comments(0) -
猫とひまわり
小さい声で大丈夫だよ〜ごめんね〜と言ったら止まってくれた








この景色はもうすっかり夏ですね

犬や猫の話 comments(0) -
区の税金
『ガス室じゃなく
注射で安楽死ならよかった、と
中には言われる方もいらっしゃいますが、

ガスであろうが、
注射であろうが、
私たちが途中で
命を終わらせたことに
変わりはないのです。』

本文より一部抜粋。
京都市、家庭動物相談所の職員の方の言葉。





千代田区では20103月末から「猫の殺処分ゼロ」の状態が続いているらしいですね。すばらしい。そして我が江戸川区を除く都内22区は飼い主のいない猫の「不妊・去勢手術」の費用を負担する行政があります。なぜ江戸川区だけ無いのか?と思い保健所、生活衛生課に問い合わせた所、江戸川区は個人ではなくボランティア団体が町内会に申請して、それから保健所に申請するという形らしいです。許可がおりればオス15000円、メス25000円。個人でやると区民の税金を使って...などと言う人がいるからどうだとか言ってました。








犬や猫の話 comments(0) -
| 1/1 |