http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
グレーの命日は、やはり猫猫しい日でした。

グレーちゃんのお花を買いに行く途中に会った人懐っこい猫さん。(耳カットしてあった)
声かけるなりゴローン。





そして、普段全く通らない場所でまた猫を見つけて写真撮ってたら、なんと1年以上ぶりに、グレー保護の時に多大なるご協力を頂いた方にバッタリ。
その方がご飯をあげていた猫だった。(TNR済み)
久々にお互い野良猫たちの近況報告をして、他の子のTNRの相談も受けたりして…。



帰ってからグレーに報告。
グレーが大好きだった部屋のお外が見えるこの場所にお花を飾りました。

正直に言えばまだ後悔ばかり。
でも、自分が選ばなかった方をやっていたとしても、きっと後悔してるっていう気持ちも変わらずに持っている。

複雑だ。

そしてこの後悔のおかげで次があるのも、この後悔のせいで躊躇するっていうのも、どっちも信実なわけで…

だからその時に『動こう』と思えるような直感が私の原動力。そのためにそれに気づく
自分でありたいといつも思ってる。あれこれ考えてしまう癖もなかなか治らないですけどね…f^_^;







 

グレー comments(0) -
グレーのこと




グレーちゃん、1月2日に永眠しました。
生前応援してくれた方達に心より、感謝いたします。

12月中頃に白血病が発症してからあっという間でした。
保護する前から肝臓の数値は悪く酷い口内炎もあり、
これでよく吐いたりもせず、ご飯も食べてるな〜
言われていたグレー。

お骨を見たら本当に真っ白で奇麗でした。
やはりまだとても若かったと思います。
体力ある分、ギリギリまで元気でいられたのでしょうね。

去年の2月の大雪の日から我が家の裏庭に住み、らん(黒ラブ)
介護が終わってちょうど一ヶ月後の月命日に完全に家猫になりました。


何度か拾われては、すぐに捨てられたり脱走したりした子なので、
防止策をいろいろ考えていましたが、ドアを開けると部屋の中へ一目散(笑)。
もう絶対に外へは行きません!と目が訴えてました。







本当にあの部屋が大好きだったよね〜。





ドアを開けて
「グレー、おはよ〜」から始まる朝。

そして「おやすみ〜、グレー」と、
ドアを閉めて、また明日ね。








これが無くなって今はまだとても寂しいけど、最後は暖かい部屋で
ノンビリできて良かったよね、グレー。

年末年始だったということもあり、のんユパみかんを旦那さんが
見ててくれたので、グレーとの最後の時間をたっぷりと過ごす事が
出来ました。

(グレーの病気は唾液などで感染するので、ユパみかんとは別の部屋でした)
猫の白血病についてはこちら


最期の瞬間も一緒に居てあげる事ができ、あの子はきっと寂しく
なかったと思います。



そして4日に火葬が終わって、何故か私は酷い体中の痛みによって
寝込んでました…。
情けな〜。

風邪かと思ったけど、なんか違うみたいです。でも布団の中で大泣き
するだけして、のんの散歩に行けば澄んだ空気と景色に癒され、とても
清々しい気持ちでもあります。


後悔はしたくないと思っていたけど、やっぱり後悔はしてます。

でもきっと何をやっても後悔する事は分かっていたし、その時の自分の
一生懸命が全てなのでしかたないですね。



今度は、生まれた時から死ぬまでずっと愛される子に生まれておいで。
できればまたウチの子になってほしいけど、生まれ変わるには早いので、
来世でね。もっともっと長く一緒に居たいよ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m




坂本美雨ちゃんにもらったメッセージ。とっても嬉しかった〜。






くつろぐグレーちゃん。











ギャラリーエフさんの募金グッズで遊ばれるグレー。









ばいばい、グレー。大好き。




















 
グレー comments(0) -
目薬さしたら逃げられた









 
グレー comments(0) -
せ・つ・な・い











 
グレー comments(0) -
グレー三ヶ月ぶりの病院へ
一昨日あたりからちょっと咳出ていて、口内炎も気になる。。。(喉のリンパはずーっと腫れたまま。でもそこで戦ってくれてる)
ストレスを考えて連れていかないで薬だけもらって何とか、、、と思い昨日の朝1で先生に相談に行く。でもやっぱり気になる事も多いので、念の為グレーを診てもらう事になり、去勢手術以来3ヶ月ぶりの病院へ。。。。。。

まだまだのんきなグレーさん。












車に乗せたらヒャーヒャー泣いてて首が長くなっちゃった。











そして今朝のグレーはこんな感じ。。。
昨日の病院の後、また距離ができてしまったよ。朝からシャーシャー近寄れない(^^;;
病院でも大変だったみたいで、でもなんとかンコ検査とお尻の毛をカットしてもらえたし、(基本お腹ピーが多いのでとても汚れる)口も中も思ったより悪くなかったからホッと一安心だ。

またゆっくりと仲良くして行こうね。
お薬ちゃんと飲まないとね。





昨日は病院を3往復した。
夜の部は院長先生との打ち合わせで、震災前に発足したプラネットツリーの再始動に向けていろいろと話しをした。

先生との話しはいつも絶妙なタイミングだな。

そしてホントに同じ女として、かっこいいなーと思う。



がんばろ。



































 
グレー comments(0) -
避難中〜
先日、裏のお宅の植木職人さんがうちの裏庭倉庫(グレー部屋)の屋根に乗って作業していたので、弱い作りなので危ないですよ〜と声かけたついでに殺虫剤まく時は知らせて下さいと言っておいたら知らせてくれた。
という事で表に避難中〜。










お腹に葉っぱついてますよ。










ぽかぽか。










 
グレー comments(0) -
グレーの部屋
元々は犬のトイレ部屋(猫砂なのだw)だった裏庭倉庫を、グレーの部屋に改装中。グレーの居場所なくなると困るので少しずつ…。










今日は床を半分位やって、波板屋根の下地と、グレーが倉庫の上に上がれるように(お気に入りの場所)取り付けた壁や板に、とりあえず白のペンキを塗っておいた。床は塗るかCF貼るか悩み中。次はいつ工事できるかな〜。








ヤーッ。



パシッ。




チョイチョイ。




トリャ。








 
グレー comments(0) -
ウチに来る前のグレーの話

↑去勢手術、マイクロチップ、諸々終わって一晩ケージに閉じ込めて
外に出した後のグレー。
しばらく近寄れなかった。






グレーがあんなに人が苦手になった本当の理由はもちろんわからないし、子猫時代から人に懐く子ではなかった。


だけど気になって、私が本気でグレーを保護しようと決めた後にいろいろと聞いた話が何個かある。
 
 
心無い人に、バンバンバンバンと何かで(不明)大きい音を立てられながら河川敷まで追いやられ、その後はしばらく公園に戻ってこなかった事があるらしい。
 
そして何度か保護(、、、ではないね)されたけど、一晩中騒ぐから、懐かないから、などの理由で翌日にはまた公園に戻されていてる。
 
心無い人が、、、、、、グレーといつも一緒にいた他の猫だけを可愛がり、寒さや雨の日用に小屋も作りそこに一匹だけ入れて、お腹がすいて家までついてくるグレーに「気持ち悪いから向こうに行け」と言い、挙げ句の果てに置いていった。
 
など。


 
んー、十分すぎる理由だな。。。
 

でも、一生懸命に自分の気持ちよりも猫の事を大事にしてくれている人達もたくさんいる。


いつも、こんな事を思う。
『人の残酷さに泣けてくる。そして、人の優しさに泣けてくる。
人間ってやつは〜!』 
 by fuu



世の中にはたくさんの元ノラネコ達がいて、それぞれにいろんな過去がある。

虐待されていた子もいる。
それでもケナゲに人の事を嫌いにならない子もいるし。


 
地域猫の事はホントに地域によってぜんぜん違うけど、我が家の近所にいる何人かの猫ボランティアの人と話をしたり、区役所や保健所にいろいろ聞いてみたりしたけど、なんかバラバラ。。。。。。。。。。。。。
個人でやって管理がきちんとできないと、グレーみたいな事がおこりやすい。
 
自分が餌やりに行けない時に頼める人がいないとね。
そして猫は餌をもらえる所にどんどん移動するから、毎日あげられないなら簡単にあげないでほしい。


そして絶対に、ここなら餌がもらえるからと他から来て猫を捨てないで。
(それで地域猫を反対している人もいる。猫嫌いを増やしたくない。)

動物病院の前とかに捨てるのも、本当に嫌な感じ。

まあ、そのおかげでみかんはウチの子になったけどさ。。。。。。

縁、だね。




グレーは、か細〜〜いかすれたような声でニャァーァ、ニャァーァ、と鳴く。








 
グレー comments(2) -
その人は突然やってきた
(これから書くグレーちゃんの事、ツイッターやインスタを見てなかった人は
分からない話でごめんなさい)
↑グレーを保護したばっかりの時。





二週間くらい前だったかなぁ。



 
公園の餌やりさん達がグレーの居場所(ウチ)をひた隠しにしていたのに、その人はたまたまカフェにやってきた。
店内にはお客様もいらっしゃったけど、テラス席に座ったその人とどうしても話をしないワケにはいかなくなり、厨房と店内とテラス席を行ったり来たりしながら話をした。


反省している…猫の事を何も知らなかった…可哀想な事をした…と。


グレーといつも一緒にいた白い猫を、無理やり家に閉じ込めた結果、大雪の日に脱走して帰ってこないので探していると。グレーを探してここまで来るかもしれないから、もし来たら飼ってほしい、と。ちなみにその人の家は公園から歩いて30分以上の場所。

 
ウチでは飼えませんよ、と言った。

もちろん、見つければ状況によっては保護しますよ。だけどあなたに言われてやる事ではない。



辛くて辛くてしょうがない、らしい。




「どうしてグレーを置いていったんですか」と聞くと
「違う、先にグレーが居なくなって可哀想だから雪の日に白を連れていった」と言う。


いやいやいやいや、、、、。


もうすでに最初の雪の日の何日も前からグレーはひとりぼっちで、白とあなたをずぅぅぅっと待っていたんですよ。だから私がご飯をあげ始めて保護したんですよ。
そう言うと、モゴモゴと何か言ってごまかしていた。



話が二転三転する。そして公園にいるおばさんたちが自分を悪く言うから信じないでほしいと。でもね、あなたの言うことはホントに話のツジツマが合わないの。


そして、夢を見たからたぶん白はこの世にはいないんだって。何度も繰り返し言ってた。霊感が強いんだって。


はいはい、はいはい。と答えた。


グレーは白血病キャリアで歯肉炎もあって、毎日薬やサプリを飲ませているから、とにかく絶対にグレーに関わらないように強く言って、申し訳ないけどこの辺りにあまり近寄らないでほしいと言った


 
グレーと白は本当に仲良しだった。猫同士の友情(?)ってものすごいんだよね。だから動物病院の院長先生も、公園の他の餌やりの皆も、とにかくグレーと白が一緒に居られればいいのに、、、って言っていたし、私もそれだったらそのまま公園で見守っていたと思う。


しかし、まさか偶然やってくるとはね。



 
帰りがけに戻って来て何を言うのかと思ったら。
夢を見たからたぶん白はこの世にはいないんだって。自分は霊感が強いんだって。


はいはい、はいはい。と答えた。




 







 
グレー comments(0) -
どうも〜
あら、いらっしゃいませー
 
もうお帰りですか〜
…うーむ。
なんとか避妊手術してしまいたいんだけど、もう少し距離を縮めないとダメだな。あ、うちのみかんもやらないと…。
グレー comments(0) -
| 1/1 |