http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
上村雄高 写真展 『Call My Name 〜原発被災地を生きる犬猫たち』
25日(金曜日)に浅草ギャラリーエフさんで開催されている、上村雄高 写真展 『Call My Name 〜原発被災地を生きる犬猫たち』へ行ってきた。
詳しい内容はこちらから↓
http://www.gallery-ef.com/1402115callmyname.html

グレーにあげている小さなフードをひとつだけ持って行った。





動物のイベントに行く時は、ちょっとだけ考えてしまう自分がまだいる。

実家には犬も猫もインコも魚もいた。(時期はバラバラ)犬は近所の家から。猫はノラネコ拾って。インコも知人宅からやってきて、一羽の子なんていじめられっ子だったから、うちに来たとき毛はボサボサで目つきも悪く手を出せば思いっきり噛み付く子だったけど、根気よく可愛がってたら最後はとっても可愛い子になった。

大好き故に、子供の頃は動物の物語などが苦手で、特に可哀想系の映画はほとんど観てない私だけど(大昔に映画館で号泣しすぎて友達にドン引きされた以来行ってない)やっぱり大人になって、動物たちの事を知れば知る程に目を逸らせなくなってきた。
私みたいな人がけっこう多いって事は大人になってから知った。ホントね、大人になるといろいろ楽になる。

カフェに来てくれていたボランティアの人達ともよく話したけど、みんな一度は人間嫌いになって、肉が食べられなくなったりして、毛皮反対デモに参加したりして、残酷な映像を人に見せたりして、こんなに不幸な動物達が〜!と、泣いて怒って、、、、、。

そして、消化して自分の身になって、今があるんだよねーって。

だから、みんな今のそのままで大丈夫なんだよね。






で、やっぱり観たいから号泣覚悟でギャラリーエフさんに行った。
靴を脱いで蔵に入る。その日はもうギャラリー終わりの時間が近かったので私一人だった。

静かに深呼吸をして、写真を観はじめた。

もちろん悲しみがこみ上げるし涙は出る。
でもそれ以上に、写真の中にいる子たちの生きる力、ただ、生きるために生まれてきたという、シンプルな力強さをグワー〜〜っと感じたのだ。

我が家の老犬らんを見てても思うけど、動物は本当にシンプル。

昨日こんな事があったとか、明日こんな嫌な事が待ってるとか、何も関係なく今だけを生きているから強いんだな〜と思う。人間は考えないでは生きていけないから、しかたないけどね。

大好きなブルース・リーだって、『考えるな、感じろ』って言うまでにどんだけ考えてきたか(笑)とことん考えないとそこまで行けないと思う。
最初っからあまり深く考えてなくてそのままでいい人もいるけどね。そういう人が大好きだけどね。

私なりに考えたり悩んだりして辿りついたのは、やっぱり知る事は大事だという事。知って、感じること。
自分が知って感じて、周りに広がればいいなと思う。(これもなかなか簡単ではないが.....)
無理せずに、家族を犠牲にせずに、今できる事をやっていこうと改めて思った写真展でした。

いろいろごちゃごちゃ書いたけど(笑)、とにかく写真がいいっ。みんなホントに可愛い。そして、蔵で観るのホントにいいよ〜。



5月26日までやっています。









 
犬や猫の話 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>