http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
動物の介護
矢野顕子さんのTwitterより。

今回、日本に来る前、約30年間続いた猫との共生生活を終えて来ました。
最多で4匹居た最後の猫のちいちゃんが旅立っていったのです。

持病の腎臓病の悪化に加え、急速に進んだ認知症。相手が猫とはいえ、
2ヶ月間の介護は、私にとっては試練でした。

今回の飛ばしていくよツアー、及び、東急の仕事についても、
事前に私がやるべきことが山のようにあったにもかかわらず、
実際ほとんど出来ませんでした。

たかが猫の介護ではありますが、家中を徘徊する隙間を狙い、
ごはんを食べさせ、おしめを7回ほど替え、夜中に叫ぶのをなだめ。。
外出は友達が見てくれている間にささっとすませたかが猫と言われても、
要介護の家族を持つ気持ちは同じでした。

悲しかったのは、うちの猫が認知症で、と言うと、ほとんどの人が
笑うことでした。
えー猫もなるのお?マジぃ?という反応が、猫を飼っている人たち
からも聞かれるのに、とても気落ちしました。

動物たちだって認知症になるのです。

********************************************************************************

らんの介護をしていてまさに、周りに同じような反応をされている。

約束が出来ないでいると相手を怒らせてしまう事も。
(会いたくないって誤解される)

そこが辛いし、介護が全く分からない人を相手に説明するのが…で、
黙ってしまう自分もいる。

これじゃいかんなーと思いつつ日々過ぎて行く。。。。。。











 
犬や猫の話 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>