http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
グレーのこと




グレーちゃん、1月2日に永眠しました。
生前応援してくれた方達に心より、感謝いたします。

12月中頃に白血病が発症してからあっという間でした。
保護する前から肝臓の数値は悪く酷い口内炎もあり、
これでよく吐いたりもせず、ご飯も食べてるな〜
言われていたグレー。

お骨を見たら本当に真っ白で奇麗でした。
やはりまだとても若かったと思います。
体力ある分、ギリギリまで元気でいられたのでしょうね。

去年の2月の大雪の日から我が家の裏庭に住み、らん(黒ラブ)
介護が終わってちょうど一ヶ月後の月命日に完全に家猫になりました。


何度か拾われては、すぐに捨てられたり脱走したりした子なので、
防止策をいろいろ考えていましたが、ドアを開けると部屋の中へ一目散(笑)。
もう絶対に外へは行きません!と目が訴えてました。







本当にあの部屋が大好きだったよね〜。





ドアを開けて
「グレー、おはよ〜」から始まる朝。

そして「おやすみ〜、グレー」と、
ドアを閉めて、また明日ね。








これが無くなって今はまだとても寂しいけど、最後は暖かい部屋で
ノンビリできて良かったよね、グレー。

年末年始だったということもあり、のんユパみかんを旦那さんが
見ててくれたので、グレーとの最後の時間をたっぷりと過ごす事が
出来ました。

(グレーの病気は唾液などで感染するので、ユパみかんとは別の部屋でした)
猫の白血病についてはこちら


最期の瞬間も一緒に居てあげる事ができ、あの子はきっと寂しく
なかったと思います。



そして4日に火葬が終わって、何故か私は酷い体中の痛みによって
寝込んでました…。
情けな〜。

風邪かと思ったけど、なんか違うみたいです。でも布団の中で大泣き
するだけして、のんの散歩に行けば澄んだ空気と景色に癒され、とても
清々しい気持ちでもあります。


後悔はしたくないと思っていたけど、やっぱり後悔はしてます。

でもきっと何をやっても後悔する事は分かっていたし、その時の自分の
一生懸命が全てなのでしかたないですね。



今度は、生まれた時から死ぬまでずっと愛される子に生まれておいで。
できればまたウチの子になってほしいけど、生まれ変わるには早いので、
来世でね。もっともっと長く一緒に居たいよ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m




坂本美雨ちゃんにもらったメッセージ。とっても嬉しかった〜。






くつろぐグレーちゃん。











ギャラリーエフさんの募金グッズで遊ばれるグレー。









ばいばい、グレー。大好き。




















 
グレー comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>