http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
銀次親分物語


一番初めにふらっとエフを訪れた時は、銀次親分の存在を知らなかった。
あ、窓辺に猫が寝てる.....。

何も知らない私はお店の方に外に出ちゃったりしないんですか?って
心配で訊いた覚えがある。

初めて大人猫のグレーを保護するまで拾ってくるのは子猫ばかり。
ほとんどの猫は好奇心で外に出たがったから、そんな心配をしてしまったのだ。

もしかすると外で大変な思いをしていた猫は、家の中の温泉のような心地良さを
絶対に手放すものか、と思ったりしてるのかな?

グレーなんて、外へのドアを開けると急いで部屋の隅に隠れていたよ…。
いつものように猫が外に出ない対策を必死に考えていた私は拍子抜けしたもんだ。


エフでの、ある日。
隣の席で銀次親分に会いに来たの〜と友達同士で話しながら写真を撮っている
人がいて、写真撮ってもいいのか〜と、私もお店の方にお断りして撮らせて
もらったのがこの一枚。2013年5月のこと。


そこに居るだけで、遠赤外線のようにジワジワとヒトを温めてくれるような存在。
そしてまるで何十年もここに居るんだよってな風貌に、一人でぼーっとしに来た私を
本当に癒してくれたな〜。


だから銀次親分の訃報を見た時は、本当にショックだった…。
エフに行けなかった私はその日に絵を描きました。




著者のIzumiさんは、銀次親分が亡くなる前から原発被災地の動物たちの為に
行動している。

(詳しくはこちら→ http://ginji1124.exblog.jp/tags/福島/


きっと動物が好きな人はみんな、福島の子たちの事やペット業界の現状を知れば
涙するだろう。
私も何百回も泣いた。
そして何もできない自分に腹を立て、人間の愚かさを呪ったりもした。

やりたい事は山程あるけど、まずは自分の家族が一番大事だし親の介護もある。
協力者がいなければ出来ない事もある。
そんな中で私なりの答えは、やはり啓蒙していくこと。

可愛いだけで動物を簡単に買ったり(売ったり)捨てたりする人をなくしたい。
猫拾って、何の悪気もなく保健所(愛護センター)に連れて行く人をなくしたい。

犬や猫を保護してるくせに、何日までに○○しないと殺処分ですとか命の期限を
決めちゃうワケワカラン人をなくしたい。
(だったら拾わない方がいい。ミグノンさんのブログ参照して下さい。
子猫をみつけたら→http://blog.livedoor.jp/petsalonmignon/archives/51988235.html 


簡単なようでいてなかなか難しいんだけど…。
本当に知ってほしい人にはなかなか届かないから.....。





「銀次親分物語」は写真もたくさんあるし、Izumiさんの文章はとても
引き込まれるので、どんどんと読めてしまいます。
一人でも多くの人が、知ってくれるといいなと思います。


本の中に出てくる言葉。
「後悔は次の猫にまわせ」

私も大事な存在を失くすたびに「後悔は次に繋げる」って思ってやってきた。
だからこれからも繋げていきたい。









 
犬や猫の話 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>