http://mafty.com/

FUU : 元グラフィックデザイナー・現在は絵描き

ブログは動物たちのことがメインです

*我が家の動物たち*

黒ラブらん(1999.2/26-2014.7/26)
チョコラブめい(2000.1/4-2010.8/19)

mix犬のん(2010年9月 動物病院に保護され
我が家の子に)

白黒猫のユパ(2011年8月 公園で弱っている所を保護
特例と言われる程の免疫異常で現在も治療中)

茶トラ猫みかん(2013年6月 動物病院前に
捨てられていた所を旦那さんが発見 我が家の子に)

白とグレーのモフモフ猫グレー
(2014年2月 いろいろあってひとりぼっちになっていた
所を公園で保護。白血病が発症し2015.1/2に永眠)
カレンダー展終了しました


ayus part1 南小岩.ペットクリニック 医療サポートセンター2016カレンダー展、24日満月の夜に無事終了しました。たくさんの初めてのことがあり、とっても刺激的&感動的な8日間でした。


皆様にはご迷惑をおかけした事もあったかと思いますが、いらっしゃる方が皆さん本当に温かくて毎日とっても癒される日々でした。


8日間、結局ずっと会場に居ることができたので、来た方ほぼ全員とお会いする事ができました…。嬉しくて密かに涙してます…。絵たちに、みんな旅立つんだよ!と言い聞かせてきたので、本当にその通りたくさんの絵が旅立って行きました。


絵のご依頼もたくさんいただきました。お一人お一人1匹1匹のお話を伺いながら、その子に想いを馳せながら、今もイメージを膨らませています。



今回、この展示をやらせて頂き無事に終える事ができたのは、南小岩.ペットクリニックの杉本院長先生はじめスタッフの方々の多大なるご協力のおかげでした。お忙しい中でたくさんのサポートをしてくださいました。


見守ってくれた友人たち、行けないけど頑張って!と声をかけてくれた方達、本当に有難かったです。


頂いたメッセージにちゃんとお返事もできていなくて本当にごめんなさい。とっても嬉しかったです。

そして会期中、自作のロールケーキや珈琲などをお出しするミニカフェをやる事になったため、毎日交代で手伝いに来てくれた私の親友たち。彼女たちが手伝いに来てくれると決まった時の安堵感ったらほんともうっもうっ!


何も心配しなくても大丈夫だ〜とデンと構えていられました。


まあ2人への感謝は個人的にたっぷりとさせていただくとして…。

 

最終日の二胡奏者・曹雪晶さんの演奏会。あの会場、音の響きが良いのでは⁇と素人ながらに感じていたのですが、曹先生がやはり響きすぎずちょうど良いとおっしゃっていて、ほーーーっと胸を撫で下ろしました。


曹先生の二胡の響きは、体の中心にふわーっと入ってきて、すーっと突き抜け、そしてキラキラと全身を優しく包み込んでくれるような、そんな感じがするのです…。


自分の絵の中で演奏していただけるなんて、もう夢の中にいるようでした。曹先生、気さく(かなり)で面白くて(狙ってない)可愛くて(失礼ですが…)大好きです!









我が家の、のんユパみかんには寂しい思いをさせてしまいましたが、今週はたっぷりと遊んであげたいと思っています。


いろいろ不手際があったよな…とか、最後の挨拶でやっぱりスッとカッコよくいかずにモゴモゴと恥ずかしがってた自分にちょっと後悔していましたが、1番近くで見ていた&内装工事やら何やらと手伝ってくれていた夫がポツリと『やりきったね』と言ってくれた言葉にとても救われました。


長文になっていまいましたが、、、最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!



追記

1部600円で販売させていただきましたカレンダーの売上及び寄付の合計28,200円を、全額 南小岩.ペットクリニック 医療サポートセンターに保護されている被災動物や飼い主のいない動物たちのためにプラネットツリーより寄付させていただきます。ご協力ありがとうございました!

マフティ・デザイン部 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>